スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長文です。お時間の無い方はスルーしてくださいませ

 26, 2014 12:34

こんにちは、コデママです


今朝のの千葉県外房は曇りくもりくもりくもり妙に暖かいのでこのあと雨が降るのかな


水曜日ですからね~~~汗




今日はお休みなので朝はゆっくり


1週間ほど前に撮ったアミーおばぁちゃんの写真が可愛かったのでアップしますラブラブ




1999年11月21日生まれなのでただ今14才と4カ月になるのかな


マリンが座っている椅子の下がお気に入りの場所、というかヒバリに踏まれない安全な場所(^▽^;)




左の方でヒバリにしつこくされて辟易しているカールが写ってます








とっても元気なアミーちゃん


部屋のど真ん中で寝てることもあるけれど年をとってからこうして安全な場所を選んで寝ることが多くなりました


可愛いので寄ってみますチューリップ赤


椅子の破れは見ないふりしてやってください(^^ゞ









さらに寄ってみます


あ、、、気が付いちゃったかも




ここからはズームで・・・


ぽ~~としてます








可愛いオチリも撮ってみました









********************************




アミーちゃんのお母さんのデイジーは


14才の時、膀胱癌で亡くなりました、、、


なのでアミーちゃんのオシッコが近かったりするとコデママの心臓はドキーーーンとします


1年前、腹部のエコーを撮っていただいたときは何も異常はありませんでした


今年もそろそろ検診に行こうと思ってます


今心配なのは左目の緑内障かな




***********************************




実はアミーおばあちゃん


すごいアレルギー持ちなのですよ


アレルギーテストの結果、鶏肉はモチロン、ハウスダストや聞いたことのない植物などなど


何種類も反応していて


舐めてカイカイ、ハゲだらけの時期もありました


毛が白なので手先など舐めて茶色に変色してしまって、、、


人間もそうですがアレルギー体質の人は1種類ではなくたいてい複数のものに反応しますよね


アミーちゃんもアレルギーの種類が多すぎてすべてを取り除くのは絶対無理でした



でもリュッピーにあげていた犬用の漢方がとてもよくあって

驚くほど改善されています



で、、、油断して漢方薬を止めちゃうと、、、、


しばらくしてまたムズムズしてしまってあわてるのでした






+++++++++++++++++++++++++++++




時々このブログでも紹介していますが


「ウルトラ元気」は鹿角霊芝を主成分とした犬用漢方薬です




病弱だったリュッピーがこれを飲むようになってから見違えるように健康になり


犬生の後半、病気一つせず17才で大往生しました




うちでも販売していますがネットで検索すれば出てくると思いいます


30粒入りで1350円!


小型犬でしたら1日1粒で十分です



もともと人間の漢方薬を作っている信頼できる九州の会社です


漢方ってホントにいろいろあって同じ鹿角霊芝でもメーカーによって効いたり効かなかったり


モチロン合う子も合わない子もいますが試してみる価値ありますよ


特に覇気がなくなってきた老犬にお勧めです


免疫を上げて、血液をサラサラにする働きもあるので


老犬で最も警戒する脳卒中の予防にもなります




家の子たちは7才ぐらいになると毎日飲むようにしています


あと、未避妊の女の子にも必ずあげるようにしました


というのも去年、子宮蓄膿症にかかる子が多かったからです




3年前の大地震の時


茨城の東海村でも電源が落ちて大変なことになっていたこと


知ったのつい最近です




私の住む千葉県いすみ市にもホットスポットがあるのです

福島からというより東海村からの放射性物質と考えた方が自然な気がします


放射性物質は膵臓や心臓、女性の場合卵巣などに特に蓄積されやすいと書いてありますね


犬もきっと同じだと思うのです


芸能界で妙にこのところ膵炎というキーワードをよく耳にしてあれ?っと思います


実は私の周りでもこのところ膵炎になったワンちゃん多いです


何十年も犬たちと暮らして来て今まで感じたことのない妙な違和感を感じています


被爆すると免疫が著しく下がりいろんな病気にかかりやすくなります


もうこれは自衛するしかないのですよ


なので皆さんのわんちゃんも


漢方で免疫をアップさせると同時に


スピルリナを飲んで体の中に入ってしまった放射性物質を体の外に排出させてあげてください


多頭飼育の方で原発事故から1年半ほどあと、犬たちの体調に今までと違う変化が見られるという方がいましたら教えてください(少数飼育だと変化の傾向がわからないと思います)




もちろんうちの犬たちは何の変化もない、でも結構です


メッセージより情報お待ちしています








ところで、アミーちゃん、アミーちゃんとちゃんをつけて名前を書くのは

アミーちゃんはあこさんからお預かりしている大切な子だからです


いつかアミーちゃんが虹の橋を渡ってあこさんのもとへ行く日まで


責任もってお預かりしなくてはいけません


アミーちゃんはリュッピーとデイジーの間に生まれた子です


が私にとって可愛いだけでなく責任があるのです



生まれた可愛い赤ちゃんを幸せになってと送り出しても


アミーちゃんのようにお母さんが亡くなってしまった子など、我が家ではモチロン受け入れています

アミーちゃんがあこさんと過ごした年数と


実家の我が家に帰ってきて過ごした年数


同じになりました



ここはアミーちゃんの生まれた家ですがそれでもアミーちゃんはいつでも何年たってもお母さんを待っているのですよ


明るく楽しそうに見えても何気に玄関の方をみているアミーちゃんです







去年16才で亡くなったチー坊は3歳の時我が家に帰ってきました


チー坊もずっとずっと、お父さんお母さんを待っていました


見ていればわかります


亡くなる半年前、お父さんに抱きしめてもらうことができました


なみだ、、、なみだの再会でした


あの時会ってもらって本当に良かったと今でも思います





ちょっと思うところがあってこれを書いているのですが、、、、、


人間の中には犬の気持ちを軽んじている人がたくさんいます


自分の都合のいいように解釈します



ダウニーについてはあまり詳しく書きたくないのですが、、、


元気に明るくふるまっている気丈なダウニーですが


去年優子さんにパッチフラワーレメディーをお願いしたところ


全38種類の植物中、実に27種類ものネガティブな感情に反応していることがわかりました


これは普通の環境で可愛がられて育った犬にはあり得ないことなのだそうです




犬は人に心配かけまいとして気丈にふるまうものです


飼い主が何を求めているのかわかるので、それにこたえようとしてとても無理をする生き物です


でも人間と全く同じように喜びや悲しみ 恐れ、たくさんの感情があります




ダウニーのような子は心にとてもとても深い傷を負っています


幸せそうに見えるのは無理してがんばっているだけで


本当はまた同じように捨てられるのではないかと心の中は常に不安でいっぱいです



1度でも手放された犬の里親になるということは


愛情だけではだめなのです




愛情なんて日々移ろいやすいものです


人間だってそうですよね




本当に大切なのは責任感です








2度、3度と同じ苦しみを繰り返さないように


生涯その手をしっかりつかんで見守ってやらなければいけません



それが里親になる人の責任でありそれを愛情と呼ぶのだと思います

赤ちゃんの時から自分の手で育てた子とは全く事情が違うのですよ



だからこれからもし成犬の里親になろうと考えている方は


良く考えてからにしてください


本当に最後の最後まで自分は一緒にいてあげられるかどうか

途中でまた飼育放棄するようなことがあって犬の信頼を裏切っては絶対にいけないのですよ






どうかどうかお願いします









スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。